保育士資格が生かせる!  幼児教室って何をするところ?

01

未就学の子どもを持つ親にとって、今や無視できない存在となっている幼児教室。
今、世間には驚くほどさまざまな分野の幼児教室があり、人気を集めています。

「脳が大きく発達する幼児期に、できるだけ良い刺激を与えたい」
「幼いうちからいろいろな経験をさせたくて」
「就学前に、ある程度の学習をこなしておけたら・・・」

選ぶ親の目的はいろいろですが、その希望に応えるように、幼児教室はどんどんジャンルを広げ、増え続けているのが現状です。

そして保育士である皆さんにぜひ注目していただきたいのが、幼児教室が募集する講師やスタッフ。
保育士資格を歓迎するところが多く、講師としての経験がなくても、研修を受ければOKという求人が目立ってきています。
教室は通常、スーパーマーケットやショッピングモールの中にあり、アクセス抜群のうえ、日中の決められた時間のレッスンになるため、家事や育児との両立がしやすい点もメリット。
幼児教室の講師は、資格を生かしたい保育士さんにとって有望な選択肢のひとつになっているのです。

そこで今回は、幼児教室の種類やその内容について知り、実際にどんな募集があり、何が求められているのかを探っていきましょう。
まずは、数ある幼児教室の種類ごとに、どんな内容の指導をしているのか見ていきたいと思います。

こんなにある幼児教室のいろいろ

05

幼児教室は大まかに次の4つのジャンルに分けられます。
① 知育  ・・・知能の発達をうながす
② 情操教育・・・趣味や教養を深める
③ 語学教育・・・ネイティブの発音を身につける
④ 受験対策・・・小学校受験に備える

それでは、それぞれを詳しくみていきましょう。

ジャンル① 知育

02

・知育系

全般的な知能を育む目的で、さまざまな活動を行います。
イラストやカードを使った読み書きや数字の勉強、遊びやゲームを通して集団生活のルールを身に着けるなど、幼児期の総合的な知能や社会性を高めるのが知育系の幼児教室。
就学前のトレーニングとして、選ぶ親も多いようです。

・能力開発系

とくに知能(IQ)を伸ばすことを目指し、そのためのトレーニングを行います。
絵や文字のカードを高速で見せて記憶させたりといった、五感を刺激して右脳の発達をうながすプログラムが豊富。独自のメソッドを開発し、効果を上げている教室も多く、人気を集めています。

ジャンル② 情操教育

03

・スポーツ系

柔道や空手などの武道、スイミング、サッカー、体操、バレエなど、運動を通して身体能力をアップさせる目的で、それぞれの基礎からしっかり指導します。根気強さやチャレンジ精神も養われ、心身ともに大きく成長できる点も選ばれる理由に。

・芸術系

ピアノやヴァイオリンなどの楽器、絵画など、いわゆる「おけいこ」教室。幼いときから芸術に触れることは、豊かな感性を養い、知育にも役立つといわれています。
音楽は情緒の発達をうながし、音感を育てます。また絵を描くことで創作力や表現力が磨かれ、いろいろな才能を目覚めさせるきっかけにもなります。

ジャンル③ 語学教育

04

・英語

小学校から英語が導入され、受験や就職でも英検やTOEICなどで有利になることが増えてきた昨今では、幼児の柔軟な頭でネイティブな発音を聞き、話せるようになることを目的に英語教室に通う子どもが少なくありません。
外国人講師やネイティブな日本人講師と一緒に、歌やゲーム、ダンスをしたりと楽しみながら学べ、自然に語学力が身につくプログラムになっています。 

・中国語

来日する中国人が激増し、中国語が求められている影響から、中国語教室も人気。
教室だけでなく、自宅でスカイプなどのオンラインを使いマンツーマンで学べるスクールもあり、送り迎えの必要がないため忙しい母親には好評のようです。

ジャンル④ 受験対策

42

・小学校受験

受験のための知識、日常生活のマナー、面接の練習など、受験にかかわるすべての項目がカリキュラムに含まれ、志望校の合格をめざします。両親を対象とした勉強会、模擬面接、願書の添削などもあり、親子で受験テクニックを身につけられるのがメリット。
能力開発のプログラムを取り入れている教室もよく見られ、ひとりひとりの子どもが才能を伸ばし、受験合格という目的をクリアできるよう、あらゆる面から導きます。

幼児教室で求められる人材とは

幼児教室の増加にともなって、講師の求人も目立ってきています。
では、実際にどんな募集があるのか、求人欄から抜粋してみましょう。
資格や経験、仕事内容など、チェックしてみてください。

●大手A幼児教室

幼児教室講師
資格 : 幼稚園教諭または保育士の資格と勤務経験
<仕事内容>
オリジナルの教材を使い、子どもたちと楽しく学び、成長を見守っていきます。
歌やダンスなどを取り入れた元気で明るいレッスンをお任せします。
「できた」「わかった」ときの子どもたちの笑顔はかけがえのないもの。
レッスンごとの勤務なので、家庭との両立も楽々。多くのママさんが活躍しています。

●Bこども英会話スクール

<募集内容>
英語講師
資格 : 短大・専門卒以上で保育士資格があり、日常英会話のできる方
<仕事内容>
子どもたちと英語で過ごす一時間は、わくわくどきどきがいっぱいの世界。
英語で歌ったり踊ったり、劇をしたりと、バラエティに富んだプログラムです。
しっかりした研修があり、講師の経験がなくても安心! ほとんどの方が未経験から始めています。
子どもが好き、英語が好きな方、ぜひ「好き」を仕事にしてみませんか。

●Cスイミングスクール

<募集内容>
スイミングインストラクター(乳児・幼児クラス)
資格 : 水泳の得意な方。保育士資格のある方は優遇します。
<仕事内容>
乳児クラスでは、玩具を使った水遊びで、水に慣れていきます。
幼児クラスからは、浮き具をつけてプールで泳ぎの基礎からトレーニング。
子どもたちに安全に、楽しく水に親しんでもらえるよう、心と体の両面からサポートしてください。

●D幼児教室

<募集内容>
教室講師
資格 : 短大・専門卒以上、保育士資格所有
<仕事内容>
幼児知育クラスを担当していただきます。
指定の教材を使い、カリキュラムに沿った指導をする授業なので、講師経験がなくても大丈夫。
知識だけでなく、知恵を身につけることを目的に、日常のマナーやお友だち同士のルールなど、
社会でたくましく生きていく力を育てていきます。
子どもが好きで、一緒に成長していきたいと思う方にぴったりのお仕事です。

まとめ

幼児教室で行われる知育の内容は、ジャンルや教室ごとにさまざまですが、共通するのは、心、身体、知能という三つの分野を伸ばす教育だということ。
子どもの将来を見据えたときに、幼児期はもっとも重要な時期とみなされ、その数年間をどう過ごすかで無視できない差がついてくるといわれています。
その幼児期のめざましい成長をサポートできる幼児教室の講師という職種は、保育士としても大きな意味のある、やりがいに満ちたものになるはず。
求人がぐんぐん増えている今、ぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る