主任保育士って何をやってるの?仕事内容をご紹介

保育園に主任保育士がいなければ「保育園運営は成り立たない!」と言っても過言ではありません。また主任保育士は保育園の『中間管理職』とも呼ばれます。保育園で大切な立場である、主任保育士のお仕事の内容はどのようなものなのでしょうか?

主任保育士の役割

冒頭で述べています通り、主任保育士は『保育園の中間管理職』と呼ばれています。

それは、園長のサポート役をするのと並行して、保育現場の先頭に立ち、現場を統括し現場の保育士たちと園長をつなぐ架け橋を担っているからです。

詳しくはこちらをCHECK!

主任保育士とは?どんな人なの? │役割・内容・給与・悩み・求人・キャリアアップを紹介♪

お仕事内容

主任保育士は、その職務について公的な規定や公的な文章はなく、仕事内容は多岐に渡ります。

園長のサポート及び代理業務

良質な保育、そして保育園の運営のために園長のサポートを行います。園長に現場の様子を報告したり、協議、会議などを設けたりする場合もあります。また、保育園では園長が行政や地域・他園とのやりとりを行うことが一般的ですが、園長が不在の場合は、主任保育士が園長の代理として機能する場合もあります。

園長を多角的にサポートしつつも、時には代理業務も行うため、園のこと、園長の普段の業務なども常に把握しておかなければなりません。

こちらの記事もCHECK!

保育士キャリアの終着点! 園長の仕事内容とは?

イベントなどの企画・運営

保育園では、年間を通して様々なイベントが企画されます。

イベントは安全で且つスムーズに進行させるために綿密に計画されます。

主任保育士は、そのすべてのイベントを把握、チェック、管理する立場です。イベントの内容や計画を確認し、アドバイスや修正を行ったり、イベントの内容を園長に伝え、場合によっては協議するなどの場を設けたり、スムーズに進行できるように、職員へ会議などで周知を図ることもあります。またイベント当日も、スムーズな進行のために常にアンテナを張り、トラブルの際も柔軟に対応します。

主任保育士は、イベントをスムーズかつ素晴らしいものになるように尽力しなければなりません。

保育カリキュラム・指導案のチェック及びサポート

保育士が作ったカリキュラムや指導案をチェックし、アドバイスや作成のサポートを行います。新人や経験の浅い保育士には、実体験を交えながら、子どもたちのためにより良いものになるカリキュラムになるよう、しっかりとサポートをします。また、園の教育方針に沿っているかなどの視点で、園全体を把握しておく必要もあります。

保育士の相談・対応

主任保育士は、一般保育士からすれば「頼れる相談役・スーパーバイザー」です。相談の内容は、保育のことや、子どものこと、保育士同士の人間関係などなど様々です。相談の内容によっては、問題解決のために何度も話を聞いたり、ときには当事者たちの意見交換の場や、話し合いの機会を設けてあげたりすることも必要です。常に、保育士やその人間関係を観察すると同時に、相談しやすい関係づくりのために、普段からコミュニケーションをとることや、接しやすい雰囲気を作っておくことが大切です。

保育士に安心安全に保育を行ってもらうためには、保育士の話を聞くこと、保育士の精神的なケアが非常に大切です。

園児の把握・対応

主任保育士は担任を持たず、フリーで保育活動をするので、一般の保育士よりも子どもとの関わりは減りますが、フリーで保育のサポートに入ることもあるので、いつでもどのクラスに入ってもいいように、すべての子どもを把握しておく必要があります。

また、保育士から園児のことでの相談があったときなども、子どもを把握していないと保育指導も出来ません。子どもについて把握しておくこと、そして、どんな子どもにも対応出来る能力を、日々磨いておかなければなりません。

保育士の資質向上

子どもたちに充実した保育を提供するためには、常に保育士は向上し続けなければなりません。主任保育士は、自身が常に向上しながらも、一般保育士の先導に立って保育士全体のレベルアップを図る役割も担います。特に新人保育士については注力して指導をしなければなりません

保護者からの相談・対応

保護者にとって、主任保育士はクラス担任に次いで身近な存在です。

保護者の方が、クラス担任に相談ができない場合や、クラス担任に不満がある場合には、主任保育士に相談することも多くあります。

そういう時には、保護者からの相談内容をしっかりと受け止め、解決を図らなければなりません。クラス担任から話を聞いて、お互いに相違や認識の違いがないかなどを整理し、保護者の方、クラス担任が円満な関係を構築できるようにサポートをしなければなりません。

こちらの記事もCHECK!

保育士の悩み│保護者対応へのストレスと原因│保護者と信頼関係を築くには

保護者から好かれる保育士になる一番の近道を教えます

勤務シフトの調整・管理

保育士が無理なく、安心して働けるようなシフトを作成することも主任保育士の仕事です。保育士一人ひとりの希望などを反映させながら勤務シフトを作成・調整します。

早番や遅番が続くような極端なシフトだと保育士から不満が出てしまいますし、士気も下がってしまします。子供の人数に合わせて保育士の配置を考えながら、保育士の希望も反映させるのは簡単な仕事ではありません。保育士を理解することや、日々の信頼関係を構築していくことも必要になります。

保育士の配置

年度替わりのタイミングでは、保育士の入退職を考慮しつつ、保育士をどう配置するのかを決定しなければなりません。保育士一人ひとりの個性・人柄を捉えた上で、子どもたちとの相性や担任・副担任の相性などを考えなければなりません。

ここの配置がうまく行かなければ、1年間を棒に振ると行っても過言ではありません。また、近年ではモンスターペアレントと称されるような、対応が難しい保護者もいますのでその対応がしっかり出来るかなどの考慮もしなければなりません。

こちらの記事もCHECK!

保育士が覚えておきたいモンスターペアレントの対応方法

未就園児の対応

未就園児のプレスクール活動の企画・運営を主任保育士が行うことも多く、未就園児やその保護者に園代表という立場で保育方針や特色を説明したりします。園を代表し、雰囲気の良い企画運営を行うことを求められます。

実習生対応

未来の保育士を育てるために、多くの保育園で保育実習生を受け入れています。

保育を実践して学べる「保育実習」はとても有意義です。主任保育士はより質の良い保育実習となるように実習生の指導計画や、保育実践のクラスの調整、実習日誌のコメントなどをすべて行わなければなりません。

こちらの記事もCHECK!

保育士実習生の指導者向け◆実習記録を上手く活用しよう♪未来の保育園のために

地域交流の窓口・連携

保育活動の一環で、地域の方と交流をすることも多くあります。その際は主任保育士が窓口となって地域の方と交渉や話し合いを行ったりします。園長に次いで保育園の顔をとしての役割を担います。

備品・教材の管理・選定

主任保育士は園の保育活動に必要な教材・備品について選定・管理を任される事が多いです。園の保育方針にマッチした絵本・玩具を選んだり、イベントに必要な備品などを調達したりなど、また、注文や業者とのやり取り、値引き交渉までを行う場合もあります。

遊具点検や環境整備

安心・安全に子どもたちが成長できるような環境を整備するのは保育士として当たり前の業務ですが、主任保育士は保育現場を統括する立場、一般保育士以上に環境には気を配らなければなりません。念入りな遊具点検や環境整備、何かあればすぐに修理業者の手配をするなど迅速な対応も求められます。

などなど、紹介したのは一部で、他にも業務はたくさんあります。主任保育士は園長のサポート役でもあり、保育士の統括責任者なので、保育園全体について目を光らせながらも、保育士の育成・外部との付き合い・園内の人間関係の構築などの「すべて」を担っている、保育園の「心臓」といっても過言ではありません。

主任保育士の給料・待遇

一般的に多くの主任保育士は手当が付き、一般保育士の給料に比べると月収が+3~5万となることが多いようです。この手当の額については規定がなく園が独自で決めています。

主任保育士の業務量は多く、給料と労働が見合っているかは非常に難しい問題です。

こちらも記事も同時にCHECK!

主任保育士の給料・待遇ってどうなの?|年収データなども紹介

保育士の給料って安い!?どうする?今後は?処遇改善についても

主任保育士になるには?

主任保育士になるために、特別な資格などは必要ありませんが、多くは勤続年数が長い保育士がなる傾向にあり、そのポストが空かない限り、主任保育士になれないという話もよく聞きます。

しかし、近年の求人には主任保育士のポストとして迎え入れてくれる求人も多くあるようです。転職をすることで、サクッと主任保育士として働くことも出来ます。一度保育士転職のプロに相談するのも検討してみてはいかがでしょうか?

詳しくはこちらをCHECK!

主任保育士を目指そう!|主任保育士になるには?転職でも目指せる!

まとめ

主任保育士は、一般保育士と比べると業務の内容が変わり、園長の片腕そして、現場保育士のリーダーとして業務を遂行していくことが増えます。子どもたちのために、より良い保育を提供できるように全体をコントロールする役割でもあります。主任保育士はとてもやりがいがあるお仕事で、将来的に独立などを考えている方は避けては通れないキャリアだと言えます。すぐにでも主任保育士になりたい場合は、そのポストが空いている園へ転職することもおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る