あなたの転職を有利にする職務経歴書

syokumukeireki01

転職の際に、必ず必要となる履歴書。
しかし、最近は履歴書だけでなく、職務経歴書を併せて求めるところが増えてきました。
転職の経験がない方には聞き馴染みがないものかもしれません。
いざ作成することになって、何を書けば良いのか…と困っている方も多いのではないでしょうか。
職務経歴書をしっかり書くことができれば、あなたの転職を有利にする武器となります。
上手く活用してあなたの魅力をしっかりとアピールしてくださいね。

そもそも職務経歴書とは何か

自分の職務経歴や自己PRを記載する職務経歴書。
履歴書を書くのに、どうしてこれを書かなければならないのでしょうか?
それは、職務経歴書とは履歴書に書ききれないあなたの実務能力をアピールするものだからです。
すでにフォーマットのある履歴書で伝えられるのは、簡単な自己紹介文や志望動機まで。
これまでにあなたがどのような経験を積んできて、そこでどのような能力を身につけ、さらにその経験を活かして新しい職場でどのように貢献しようとしているのか…といった深いところまで伝えられるのが職務経歴書です。
提出が求められない場合も、あなたの魅力をたっぷり知ってもらうために、ぜひ書くようにしましょう。

書くときのポイント

職務経歴書はA4 サイズの白無地の用紙、1~2枚にまとめます。
あまり長すぎるものは読んでもらえなくなるので、これ以上の量にならないように気をつけましょう。また、手書きでなく、パソコンで作成できると良いでしょう。何故なら最近は保育現場でも、事務的なものに関してはパソコンの使用が多くなっています。職務経歴書をパソコンで作成すれば、わざわざ言葉にしなくても「私にはこれだけのパソコン操作能力があります」いうアピールができます。パソコンが苦手な方も、周囲の人の手助けを借りながら挑戦してみてくださいね。また、パソコンで作ったものの方が、手書きのものより見やすいという利点もあります。

職務経歴書に書く項目

すでにフォーマットがある履歴書と違い、職務経歴書は基本的に自由に項目を作成することができます。
必須項目は「標題」「氏名」「日付」「職務経歴」くらいで、あとは自由に選択することができます。
項目の具体例は、「取得資格」「活かせる能力」「自己PR」「志望動機」などなど…。あなたの強みを最もアピールできる項目を選んで追加していきましょう。

求職者のみなさんにとって職務経歴書を書くメリット

syokumukeireki02

職務経歴書を書くのは、求職者のみなさんにとってたくさんのメリットがあります。
まず一つ目は、面接を受ける前に、自分の想いを整理できるという点です。
自分の頭の中で考えをまとめていたつもりでも、いざ言葉にしようとするとつまってしまうことは今までにありませんでしたか?
その点、職務経歴書で自分の職務経歴や自己PRを書くことによって、アピールすべき自分の強みを発見したり、考えを自然と整理することができます。
二つ目は、質問に対する回答を準備しておくことができるという点です。
職務経歴書をみながら面接が進んでいくことが多いので、そこに書いてあることに少し言葉を足していく形で質問に答えると、スムーズな受け答えができます。
そして三つ目は、職務経歴書があれば面接官に事前にあなたの情報伝えることができるという点です。履歴書のみだとゼロから説明が必要なことも、職務経歴書があればさらに一歩踏みこんだ会話ができるので、より深くあなたのことをアピールすることができます。
そのやり取りが面接者の心に残り、他の応募者との差をつけることになります。

まとめ

緊張してしまう面接。そんな時に、職務経歴書はあなたを支えてくれるお守りのような存在になるはずです。緊張しやすい、言葉で自分の想いを説明するのが苦手…という方は、ぜひ職務経歴書を作ってから面接に臨んでみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る